今日の学校でサイバーセキュリティを強化するための上位 5 つの方法 

これは、K-12 学校のサイバーセキュリティにとって恐ろしい時期です。 2021年までに、 アメリカの学校の過半数がセキュリティ侵害を経験している、そして今、2022 年には、 教育業界はNo. 1 サイバー攻撃のターゲット.簡単に言えば、 サイバー犯罪者は学校を簡単な標的と見なしている 教職員や学生の個人データが豊富に保管されています。

学生の安全を確保するために、学区はネットワークを保護するために利用可能なあらゆる手段を講じる必要があります。さらに、学生を含むコミュニティ全体に、サイバーセキュリティの重要性と、すべての人を安全に保つために各人が果たす役割について教育する必要があります。

以下は、実行可能なヒントと解決策です。 K-12 学区は支援のために展開できます サイバー攻撃を防ぐ 今日の学校のサイバーセキュリティを強化します。

1. スタッフ向けの明確なサイバーセキュリティ ガイドラインを作成する

ガイドラインをまとめましたか 安全なパスワードの使用?アプリやプラグインのダウンロードに関するスタッフのポリシーはどうですか?

次のような、誰もが従うべき簡単なベスト プラクティスのリストをまとめます。

  • Web サイトとサービスの間でパスワードを再利用しないでください。代わりに、各サイトで一意のパスフレーズを使用してください。
  • 学生が見つけやすい場所にパスワードを付箋や「チート シート」に保存しないでください。
  • 非常に個人的な情報をソーシャル メディアで共有しないでください。これを行うと、安全が脅かされます。
  • あなたの情報を求める予期せぬ要求には常に懐疑的です。

次に、生徒と教師が、サイバーセキュリティのガイドラインと、フィルタリング ポリシーがコミュニティの安全を達成するのにどのように役立つかを知っていることを確認してください。また、 デバイスとオンラインのベスト プラクティスに関する利用規定 (AUP) を透明で目に見えるものにする.そうすることで、コミュニティがデバイスを責任を持って使用できるようにすることで、サイバーセキュリティのリスクを軽減できます。

さらに、コミュニティのすべてのメンバーに、繰り返しはっきりと強調します。 サイバーセキュリティのリスクと思われるものに直面したときの対処法: 助けを求める.多くの場合、何かがリスクをもたらすかどうか確信が持てないとき、人々は誰にも迷惑をかけないように黙っています。人々が安心して手を差し伸べることができれば、コミュニティは安全になります。

2. 保護者と教師を巻き込む

サイバーセキュリティのベスト プラクティスを教師や保護者に教えて、生徒の安全な実践を促進できるようにすることが重要です。教育を受け、権限を与えられた教師は、サイバーセキュリティの知識を生徒に伝えます。保護者にセキュリティ対策を知らせることは、オンラインで安全を確保する方法について自宅で生徒と話し合うための優れた方法です。

地区のソフトウェアは、保護者の参加と情報提供に役立ちます。たとえば、 LightspeedFilter™、保護者は、自動化された毎週の生徒の活動レポートを次の方法で受け取ることができます 親ポータル.これらのレポートの洞察は、サイバーセキュリティと適切なデバイスの使用に関する建設的な会話を促進するのに役立ちます。

3.悪意のあるサイトとコンテンツをブロックする

ウイルスは、電子メールの添付ファイル、Web サイト、広告、ソーシャル メディア、プロキシ サイト、およびパッチが適用されていないソフトウェアの穴に潜んでいる可能性があります。繰り返しますが、ここで学校のコンテンツ フィルターの出番です。

毎日作成される何百万もの新しいサイトを特定し、新たな脅威から生徒を保護するには、強力な AI による URL 分類が必要です。 Lightspeed Filter のようなソフトウェアは、分類が行われている間、新しいサイトや不明なサイトを自動的にブロックします。そのため、夜間に新しいマルウェア サイトが出現したとしても、学区は学生が朝にそれを見つけることを心配する必要はありません。また、Lightspeed Filter の分類エンジンは、毎日 200 万を超える新しいサイトを処理し、セキュリティの脅威をできるだけ早くブロックして分類します。

Lightspeed フィルターは、セキュリティ リスクをもたらすサイトを 7 つのカテゴリに分類します。

  1. セキュリティ: セキュリティ上のリスクがある情報を提供するサイト
  2. マルウェア: ウイルス、スパイウェア、フィッシング
  3. ネット ツール: フィルター バイパス方法、チュートリアルなど。
  4. プロキシ: 匿名プロキシ、チュートリアル
  5. Shorteners: URL 短縮サービス
  6. 翻訳者: 言語翻訳サイト
  7. Warez: 海賊版ソフトウェアの配布

学生がセキュリティ リスクをもたらすサイトにアクセスしようとすると、Lightspeed フィルターは、アクセスが拒否された理由と、さらに議論が必要な場合に学生が IT サポートに連絡する方法を説明するブロック画面を生成します。さらに、学校は Lightspeed フィルターを使用して、学校の管理者が決定した期間、生徒を締め出すことができます。そうすることで、ネットワークを保護し、学生にサイバーセキュリティについて教育することができます。

4. デバイスの適切な使用法について生徒を教育する

オレンジ郡公立学校、CIO、Jim Pulliam の言葉

オレンジカウンティ公立学校のCIO、ジム・プリアム と Lightspeed Systems® の顧客は、学校のセキュリティ ポリシーに違反する生徒に対処し、テクノロジーに精通した生徒を最大限に活用するための巧妙な戦略を考案しました。 「懲戒の最も効果的な形式の 1 つは、データ セキュリティ ポリシーの違反を発見した生徒に、学校の CIO およびセキュリティ チームと協力して、違反をどのように達成したか、なぜ違反を犯したかを共有してもらい、保護するための継続的な取り組みを支援することです [サイバー攻撃からの学校]」と彼は言いました。 「オレンジ郡の公立学校では、これらの生徒がプレゼンテーションやトレーニングを行って、データ セキュリティについて同級生に教えることを提案しています。」

学生を「ホワイト ハット ハッカー」として参加させることで、学生はサイバーセキュリティ ソリューションの一部になることができます。学区の指導者は、学生が規則を回避する際に示す創意工夫から学べば、自分たちだけで行うよりもネットワークをより安全にすることができます。

オレンジ郡公立学校、CIO、Jim Pulliam の言葉

5. 学校支給のデバイスを保護するための最適なソリューションを導入する

あまりにも多くの学校が、 最も悪意のあるものの一部をブロックできません コンテンツオンライン。 Lightspeed フィルターを使用すると、ネットワークを保護するための最も堅牢な Web 分類とツールを利用できます。侵害サイトとフィルター バイパス ツールは、当社のソリューションによって簡単に特定およびブロックされ、生徒のオンラインの安全を確保します。 Lightspeed Filter は BYOD の両方で動作するため そして 学校所有のデバイスを使用して、コミュニティを安全に保ちながら、ネットワークを動的かつ柔軟にします。

Lightspeed Systemsでは、 私たちはセキュリティを理解しています.学生および学区のデータ保護に対する当社のコミットメントは他に類を見ません。 Lightspeed Systems は、専門のデータ サイエンティストとデータベース オペレーターの専任チームを擁する市場で唯一のプロバイダーの 1 つであり、最適な学生の安全とデータ セキュリティを根本から保証します。Lightspeed のすべての従業員は、部門に関係なく、継続的なセキュリティ トレーニングを受けています。さらに、Lightspeed Systems が成立します。 アマゾン ウェブ サービス (AWS) の教育コンピテンシー ステータス、当社の製品とお客様にとって最も安全な環境を確保します。

Lightspeed Systems のセキュリティおよびクラウド オペレーション担当バイス プレジデントであるジョン ゲンター (John Genter) は、次のように述べています。 「些細なことに気を配ることは、Lightspeed Systems がお客様の信頼する製品を構築するのに役立ちます。なぜなら、Lightspeed Systems がお客様のデータを安全に保つことを知っているからです。」

Lightspeed フィルターは、危険なコンテンツを除外しながら学生の生産性を維持するように機能します。自分の目で確かめて、 Lightspeed Filter が生徒を有害なオンライン コンテンツから保護する方法を学びます。

あなたも好きかも

遠隔教育ソフトウェアのデスクトップおよびモバイルデバイスのスクリーンショット

これが私たちのデモです

まだあなたの研究をしていますか?
手伝いましょう!製品の専門家の1人と一緒に無料のデモをスケジュールして、すべての質問にすばやく回答してもらいます。

Lightspeedフィルターダッシュボードを見ているラップトップの机に座っている男

お帰りなさい!

当社のソリューションの価格情報をお探しですか?
地区の要件についてお知らせください。カスタム見積もりを作成させていただきます。

リモート学習、ハイブリッド学習、対面学習のために、刺激的でインタラクティブな教室を再考します。 Lightspeed Classroom Management™ により、教師は生徒のデジタル ワークスペースとオンライン アクティビティをリアルタイムで可視化し、制御できます。

  • すべての学生が適切なオンライン カリキュラムのみを利用できるようにします。
  • 精査されたカリキュラム リンクをすべての学生に同時にプッシュします。
  • 不適切または気を散らす Web サイトやアプリをブロックします。

スケーラブルで効率的な学習デバイス管理を確保します。 Lightspeed Mobile Device Management™ システムは、効果的な遠隔学習に不可欠なリアルタイムの可視性とレポートにより、生徒の学習リソースを安全かつ確実に管理します。

  • 無限にスケーラブルなデバイス、アプリケーション、およびポリシー制御のための一元化されたクラウドベースのソリューション
  • セルフサービス アプリ ライブラリ。教師と生徒が
    承認されたカリキュラムと学習ツールにアクセスしてインストールできます
  • 通常のダウンタイムとコストを削減しながら、何百ものポリシーと教育アプリケーションをリモートで展開、変更、および取り消します。

自殺、ネットいじめ、学校内暴力を防ぎます。 Lightspeed Alert™ は、手遅れになる前に潜在的な脅威を検出して報告する高度な AI を備えた学区の管理者と選ばれた担当者をサポートします。

  • 人間によるレビュー
  • 潜在的な脅威の兆候を示すリアルタイム アラート
  • インシデントが発生する前に迅速に介入します。
  • アクティビティ ログは、フラグが設定されたイベントの前後のオンライン アクティビティを可視化します

生徒を有害なオンライン コンテンツから保護します。 Lightspeed Filter™ は、生徒のオンラインの安全を 24 時間 365 日確保するために、不適切または違法なオンライン コンテンツに対する強固な障壁として機能するクラス最高のソリューションです。

  • 20 年にわたる Web インデックス作成と機械学習を通じて構築された、業界で最も包括的なデータベースを利用します。
  • CIPA コンプライアンスを確保する
  • YouTube を含む何百万もの不適切、有害、未知のサイト、画像、動画をブロックします
  • Lightspeed Parent Portal™ で保護者に情報を提供する

学生のオンライン学習を完全に可視化します。 Lightspeed Analytics™ は、学区が実装するツールの有効性に関する堅牢なデータを学区に提供するため、学区はテクノロジー スタックに戦略的なアプローチを取り、報告を合理化できます。

  • 教育テクノロジーの採用と使用傾向を追跡し、冗長性を排除し、ROI を促進します
  • アプリとコンテンツの消費を監視して、早期導入と効果的な利用を促進します
  • 学生データのプライバシーとセキュリティ コンプライアンスを可視化してリスクを評価