学校のサイバーセキュリティを強化するための5つのヒント

10月は全国サイバーセキュリティ意識月間です。幼稚園から高校までの生徒にとっては、ネットワークを保護するための取り組みを振り返り、サイバーセキュリティの重要性について生徒を教育する良い機会です。学生とスタッフがオンラインの場合、データやパスワードなどを盗むサイバー犯罪者に対して脆弱です。

これによって証明されるように、子供は特にハッキングに対して脆弱です この2017年のレポート それは、ハッカーが身代金要求と暴力の脅威で学校を標的にした方法を共有しました。幸い、幼稚園から高校までのITと教師は、生徒と学校を保護するためのスマートなソリューションにアクセスできます。

学校でサイバーセキュリティを強化するための4つのヒントを次に示します。 この投稿のコメントセクションに独自のヒントを追加するか、でツイートしてください @lightspeedsys —特別なスワッグボックスを獲得するために参加します!

1.スタッフ向けの明確なサイバーセキュリティガイドラインを作成します。 ガイドラインをまとめましたか 安全なパスワードの使用?アプリやプラグインをダウンロードするためのスタッフポリシーはどうですか?これらは、日常のデバイス使用の重要な要素です。従業員がサイバーセキュリティポリシーとフィルタリングポリシーがどのように機能するかを知っていることを確認してください。また、利用規定を透明で目に見えるようにします。

2.保護者と教師を巻き込みます。 教師と保護者にサイバーセキュリティのベストプラクティスを浸透させることが重要です。教育を受け、権限を与えられた教師は、サイバーセキュリティの知識を生徒に伝えることができます。さらに、保護者があなたのセキュリティ慣行を認識していることを確認することは、保護者が自宅の生徒と話をするための優れた方法です。
と Lightspeed Systemsリレー、保護者は、自動化された毎週の学生活動レポートを 親レポートジェネレータ、サイバーセキュリティと適切なデバイスの使用についての会話を引き起こす可能性があります。

3.悪意のあるサイトとコンテンツがブロックされていることを確認します。 ウイルスは、電子メールの添付ファイル、Webサイト、広告、ソーシャルメディア、およびパッチが適用されていないソフトウェアの穴に潜んでいる可能性があります。毎日作成される何百万もの新しいサイトを識別するには、機械学習AIによる強力なURL分類が必要です。
Relayの分類エンジンは、毎日200万を超える新しいサイトを処理し、セキュリティの脅威をブロックして、できるだけ早く分類できるようにします。さらに、他のK-12フィルターとは異なり、Relayは、分類できるようになるまで不明なサイトをブロックし、セキュリティリスクを最小限に抑えます。

Relayは、セキュリティリスクサイトを次の6つのカテゴリに分類します。

  • セキュリティ:セキュリティリスクとセキュリティリスクをもたらす情報を提供するサイト
  • セキュリティ–マルウェア:ウイルス、スパイウェア、フィッシング
  • セキュリティ– Nettools:バイパス方法、チュートリアルなどをフィルタリングします。
  • セキュリティ–プロキシ:匿名プロキシ、チュートリアル
  • セキュリティ–短縮サービス:URL短縮サービス
  • セキュリティ–翻訳者:言語翻訳サイト

リレーはデフォルトでこれらのカテゴリをブロックするだけでなく、ロックアウトの対象にもなります。これは、セキュリティリスクサイトに1回以上アクセスしようとした生徒は、一定期間ロックアウトされ、その期間は学校の管理者が設定できることを意味します。学校は、ロックアウトされた生徒にメッセージを表示して、ロックアウトが発生した理由を説明し、サイバーセキュリティに関する生徒の知識を高めることもできます。

4.適切なデバイスの使用法について生徒を教育します。 すべてのK-12IT従業員は、学校のフィルターをバイパスしようとした生徒との問題に遭遇しました。幼稚園から高校までの生徒はデバイスに非常に精通していますが、データ侵害の危険性やオンラインでの個人情報の保護方法を認識していない可能性があります。

オレンジカウンティ公立学校のCIO、ジム・プリアム Lightspeed Systemsの顧客は、学校のセキュリティポリシーに違反する生徒に対処するための優れた戦略を考案しました。 「最も効果的な規律の1つは、データセキュリティポリシーに違反していることが判明した生徒に、学校のCIOおよびセキュリティチームと協力して、それを達成した方法とその理由を共有し、保護のための継続的な取り組みを支援することです。」前記。 「オレンジカウンティ公立学校では、データセキュリティについて仲間に教えるためにプレゼンテーションやトレーニングを行うことを提案しています。」

5. 1:1展開を管理するための最適なソリューションを展開します。 あまりにも多くの学校がフィルターで立ち往生しています オンラインで最も悪意のあるコンテンツの一部をブロックできない.

Lightspeed Systemsリレーを使用すると、学校はネットワークを保護するための最も堅牢なWeb分類とツールを利用できます。オンラインでの学生の安全を確保するために、侵害サイトとフィルターバイパスツールはRelayによって簡単に識別およびブロックされます。さらに、RelayのBYODフィルター、ゲストデバイスのおかげで そして 学校が所有するデバイスは、ネットワーク上で安全なままです。

リレーは、危険なコンテンツを除外しながら、生徒の生産性を維持するように機能します。 

参考文献

遠隔教育ソフトウェアのデスクトップおよびモバイルデバイスのスクリーンショット

これが私たちのデモです

まだあなたの研究をしていますか?
手伝いましょう!製品の専門家の1人と一緒に無料のデモをスケジュールして、すべての質問にすばやく回答してもらいます。

Lightspeedフィルターダッシュボードを見ているラップトップの机に座っている男

お帰りなさい!

当社のソリューションの価格情報をお探しですか?
地区の要件についてお知らせください。カスタム見積もりを作成させていただきます。